6月13日(土)バル呑み・その1

こんばちは、バルルートでございます。

久しぶりに引っかけて参りました。

ほぼ、『孤独のグルメ』的な感じで、しっかりと味わってきましたよ~~。

一軒目は6周年を迎えられる、菜さんです。

 

=~=~=~=~=~=~
先ずは、6周年、おめでとうございます、ッと。

 

周年記念で、ファーストドリンク(600円まで)がサービスだったので、前に来た時に目を付けていたジン『翠』のソーダ割りを。

めっちゃきれいないろしてる~~って、これはグラスの色か(笑い)。

じっくりグラスを手に持ってゆっくりと一口。

なるほど。ジャパニーズジン、ッてそう言うことかと。

確かに飲みやすいですね、ソーダ割り。

一杯目にこの口当たりの良さはちょっと危険かと。

 

相変わらずドレをチョイスするか迷う、おつきだし……。

鱧の茶碗蒸しをチョイス。雨でしたしねぇ。

来たきた……。ふたを外して……。

たっぷりの餡と、わさび。茶碗蒸しの色と、餡の濃いめの色、それにわさびのうす~~い緑が何とも綺麗な。

(この辺りから完全に五郎さんはいってますw)

木製のスプーンを茶碗蒸しに差し込んで、ゆっくり持ちあげる。

餡が絡んだ茶碗蒸しが出てくる。口の中に運んで、味わう。うん、優しい、それでいてしっかり目の餡。

茶碗蒸しを食べて楽しいのは、次から次から具が出てくるところ。

小さいドンコ椎茸、紅葉麩……。そんな具材を味わっていると、『鱧』が現れる。

おぉ、鱧やん。そう思いながら口の中での出逢いに感謝。そうか、茶碗蒸しでも美味しいンや……。

 

来たよ、トウモロコシの天ぷら。

平たいバーのようなトウモロコシ……。ん? これは? と、一口。納得。

これって、焼きもろこしよりも手間なンじゃないの!? そう思いながら、先ずは粗塩で一口。

コーンのつぶつぶが美味しい。揚げたてはやっぱり、熱々で……。はふ、ほふ、って。

あとは、鬼おろし、これこれ。天つゆに入れる前に、思わずありがたく大根おろしを先に一口。

普通のおろしよりも大きめなので、かみ応えというか食感が良い。

大根を味わってから、天つゆに大根おろしをイン。

で、トウモロコシをちょいと付けて、大根おろしを載せる。

揚げトウモロコシの衣に、上に載せた大根おろしがすった天つゆが染みていく。

口の中で、ほんの少しさくっとした衣と、つゆと大根。その後、ガッとトウモロコシの粒の甘みが来る。

おぉぉ……。

天つゆと、粗塩を交互に……。なんてやってると、揚げが到着。

 

揚げとシシトウの焼いたン。

鰹節のたっぷりかかった焼いたお揚げと、焼かれてしなっとなったシシトウ。

土佐醤油と、ポン酢と、おろし生姜、ネギたっぷり。

迷うじゃない、これだけ組み合わせができたら……。

揚げにおろし生姜を載せて、ネギを載せて、お箸で挟んで、ポン酢にちょい。

肉厚のお揚げが……。ポン酢の染みた味が良い。

ポン酢醤油の次は土佐醤油。こっちはちょっと甘くってとろっとしてるのかな。

薬味の組み合わせをちょこちょこ変えつつ、シシトウへ。

んっ!? 二つ目に当たりを引いた(大笑い)。

とか何とかしているうちに、大アサリ到着。

 

二つに開かれた貝殻の中で焼き上がった大きなアサリ。

ジューシーなお汁がたっぷり。レモンとおねぎが添えてあって……。

身の回りの部分……『ひも』っていうんでしたっけ。よくホタテのヤツとか、干して珍味になってる、あれ。

それと、ひときわ大きな貝柱と。で、身本体の部分。アサリが3つに分かれてる、凄い……。

最初にひもをいただく。やっぱりしっかりしてる。かみ応えのある食感。

で、貝柱。小さいホタテより大きいんちゃうか、って言うくらいの。これだけでも凄く美味しいよねぇ。

レモンをぱくり。当然、酸っぱい。

で、貝殻を持ちあげて、せっかくのうまみスープをゴクリと(行儀わるっ! ッと思われた方、ごめんなさい)。

そこまで塩辛すぎるわけでもなく、貝のうまみたっぷりエキスのしみ出したスープだぁ。

 

アサリを食べ尽くす前に、せっかくなのでもう一杯、と。『西乃極』を冷やで。

前にも飲んだけど、飲み口がよくて、美味しいンだよね、これ。

この季節だけじゃないと思うけど、是非、冷やで。

 

いい感じに酔っぱらってしまいました。

と、いうところで、ごちそうさまです。

わかめ麺は次回においときます!!

=~=~=~=~=~=~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です