9月24日(木)、魚ふじさん。

マグロランチ。

こんばちは。バルルートでございます。
久しぶりに、東向日の魚ふじさんに行って参りました。
いつも頼もうと思いつつ、注文しないヤツを今日はいただいたので、そのレポを。

=~=~=~=~=~=~
いつもは『海鮮丼ランチ』にするんですが、今日は気分を変えて、『マグロランチ』にしました。
これがまた美味しいンですよねぇ。

ごはんと、刺身を分けて盛りつけしてもらったのが、写真の形です。

メインが来る前に、小鉢が二種類来るんですよねぇ。
今日は、『千切り大根』と、『マカロニサラダ』。
マカロニサラダは定番で、間違いのないうまさなんですよ。
たいがい、一緒に行く人は「美味しい!」というと言うヤツ。
もう一つの、千切り大根。しっかり歯ごたえのある切り干し大根とにんじんをだしで甘辛く炊いてあるヤツ。美味くないはずがない。これで、白ご飯あったら一杯は、食えるぞ? って言うくらいの。

さぁ、来ましたきました。
マグロの赤身、漬け、ネギトロ。大葉が添えてあるのと、刻み海苔が散らしてあるところ。
色のコントラストも綺麗で、見た目で楽しめる。
大盛りにして正解だぜ……。と、わくわくしながらお味噌汁を一口。
わかめをよけたときに、お箸に魚の身が当たる。お、今日はこれが具なのか、と。

刻み海苔を載せて、先ずは漬けを一口。
わさびが一瞬、つんと来る。
で、漬けダレの甘さを感じる。じゅわっとマグロの身から、しみこんだタレが口の中にでて。
美味い、そう思いながら、白ご飯を口に運ぶ。

次に赤身。またわさびを載せて、醤油へダイブ。
ちょん、と、白ご飯でバウンドさせてから口の中へ。
漬けとは違う、赤身のうまさが口に広がる。
やっぱりマグロのうまさはこれこれ、と改めて思う。
でも、どっちも捨てがたいうまさがある。間違いなく。

味噌汁を飲み、口をフラットにする。
そんなことを思いつつ、味噌汁の中の魚の身をほおばる。
うん、美味しい。

そして、ネギトロ。丁寧に細かく叩かれているマグロの身。
ネギと、わさびと、醤油。
赤身よりも少し脂身を感じるような舌触り。
ねっとりと、口の中で溶けていく感じがたまらない。
白ご飯にちょっと載せて、お箸の上でミニネギトロ丼にして、それをほおばる。
うむ、至福。

漬け、赤身、ネギトロ。
このループを繰り返し、丁度刺身が無くなる頃、白ご飯も空になる。
我ながら見事なペース配分。

ごちそうさまでした。美味しかった~~。
=~=~=~=~=~=~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です